このエントリーをはてなブックマークに追加

OPP袋の特性と使用用途を知ろう

OPP袋の特徴と人気の理由

このサイトでは、現在様々な用途で使われているOPP袋の特徴について紹介していきます。当サイトに訪れている人の多くは、ある程度OPP袋に関する知識を持った人たちが多いかと思います。

しかし、中には「OPP袋って何?」と思われる人もいるでしょう。そこで、OPP袋について詳しく説明していく前に、まずはOPP袋がどのようなものか、どのような特徴を持ったものであるのかという概要を簡単に説明していきたいと思います。


(関連記事)OPP袋・OPP封筒の激安通販ショップ


OPP袋って何?

 

OPP袋は私たちの生活の中でも頻繁に利用されているグッズです。しかし、OPP袋という言い方だと何のことを指すのかわからないという人も多いでしょう。

そもそも、OPP袋とは何の略称なのかを説明していきます。OPP袋とは「Oriented Polypropylene」の略で、これを日本語で呼ぶと2軸延伸ポリプロピレンとなります。その名前の通り、ポリプロピレンを素材に作られているのが大きな特徴です。ポリプロピレンのフィルムを、縦、横の2方向に延ばして作られているのがOPP袋となります。こうした製造方法により、伸びることがなく、また透明度が高くなっているのです。

このOPP袋は、ある企業が商品名に使ったクリスタルパックという呼び名が浸透しています。こちらの呼び方ならどのことを指すのかイメージできるという人も多いでしょう。

衣類や文具、食品の梱包、ダイレクトメールやカタログが封入されている透明な袋、それがOPP袋なのです。ですので、普段の生活の中でまったくOPP袋を見ていない、触っていないという人はほとんどいないはずです。


OPP袋とCPP袋

 

OPP袋とよく似た製品としてCPP袋と呼ばれるものがあります。これらは、どちらも透明度が高く、伸びないとよく似た性質、見た目を持っているため、混同してしまっている人が多いようです。しかし、OPP袋とCPP袋には大きな違いがあります。

それは、強度の差です。OPP袋も軽いもの、薄めのものを梱包する程度であれば十分な頑丈さを持っていますが、引っ張られると破けてしまうことがあります。そのため。負荷のかかる重たいもの、厚みのあるものの梱包には適しません。

そうした弱点を補うように加工されたものがCPP袋なのです。CPP袋は引っ張られる力に対しても強く、普通に使っている上で破けることはまずありません。そのため、重さや厚みのあるカタログや一部のダイレクトメールの送付にはCPP袋が使われるケースが多いようです。これは、一概にどちらの方が優れているということではなく、目的に応じて使い分けることが重要となります。

Pick-Up Topics

OPP袋の特性を活かした販売活動

 

各企業は、それぞれの商品を販売したり、またその販促活動を行ったりしなくてはなりません。そうした諸々の販売活動をする上でOPP袋は非常に優れた要素を持っています。

このページでは、なぜここまでOPP袋が普及し、多くの企業に使われているのかということを説明していきます。

「OPP袋の特性を活かした販売活動」の続きはこちら

OPPシートやOPPロール

 

OPP袋と呼ばれるのが一般的ですが、同じOPPの商品の中にはOPPシートやOPPロールと呼ばれるものがあります。

これらは、袋とはまた違った用途に使うことができます。では、OPPでもシートやロールと呼ばれるものは、どのような特徴を持っており、どのような用途に使えるのかを紹介していきます。

「OPPシートやOPPロール」の続きはこちら

いろいろなOPP袋

 

OPP袋には非常に多くの種類があります。OPP袋を使っている企業は、それぞれ目的に応じてOPP袋の種類も使い分けているのです。

それぞれ、加工がされているOPP袋は、何の加工もされていないOPP袋よりはコスト的にも高くなってしまう傾向がありますが、極端に高額になるというわけではありません。それでいて使い勝手は格段に良くなりますから、やはり人気があります。

「いろいろなOPP袋」の続きはこちら